読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SAKURAドロップス その2(アルコール依存症の怖さ 2)

ふなしです。

こんにちは。

 

更新早くて、すんません。

一通りいろいろ書いたら少し落ち着くと思います。

 

いきなり最後の恐怖の幻覚の話を書いてしまいましたが、ちょっと思い出したことがあります。

これは今年の3月くらいからか、飲んでなくても(むしろ飲んでない時に)吐き気みたいなものがありました。

実際吐くとかではないけれど、食べ物の臭いとか、外に居てもちょっと何か臭うなと思うと「うっ」ってくるのです。

なんだかもう年がら年中二日酔いみたいで、自分でもよくわからなくなってました。

 

だんだんルービーなどの酒は飲むのがきつくなってきました。

でもそれも最初の一杯の半分くらいで、飲み始めるとピッチがあがってしまいます。

そんな時はいつも「あーキツイ」と思っていたのが一気によくなります。

そしてテンション高いまま家に帰って飲むか寝るか・・・しかし翌朝はどっぷり具合が悪くなっていました。

 

もうこの頃には「酒がヤバい」って、さすがにおバカなふなしでもわかってはいたんです。いたんですけど・・・

ヤバいってわかっているから「はい、酒やめて」と言われるのがコワかったし、

なによりもう身体がどうなってるのか考えるのもコワかったし。

 

もうこっからどうやって元に戻るの?とか・・・

どうしようもないかも、どうしようって。

 

もう一日マスクです。

お昼も「ちょっと体調が」といって食べませんでした。

実際食べれませんでしたし。

 

お茶だけすすってました。マスクと口の間からストローで。(笑)

 

もはや変態でしかありません。( ̄▽ ̄)

 

時々「今日飲み行く?」と聞かれても、なんとなくまずいなって思って

理由つけて断ってました。

でも帰り道お酒買って帰って家で飲みました。

あまりに量が多いので、冷蔵庫の奥とか野菜室とか棚とかあちらこちらに入れて。

たまに飲みかけのルービー缶がひょっこり棚から出てきたりして。

あーあって。

 

なんか書いてて情けないですが、

 

SAKURAドロップス その3へつづく

SAKURAドロップス その3(アルコール依存症の怖さ 3) - 酒よ、さらば・・・ ただ、それだけです。