読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだ今は何をしても自己満足でしかない

依存症への道 酒とメンタル メンタル

こんにちは。

ふなしです。

 

依存っていうのは「その対象に頼ってしまう」ということで、

それを使って「逃げたいと思う」「果たしたいと思う」何かがあって、

例えば「普段溜まっているストレス解消」「気分がさわやかになる」など

感情的なものが多いらしいですね。

 

それを「手っ取り早く」解放してくれるのが、酒だったりするわけで。

 

もしや、どうもこの「手っ取り早い」っていうのが、

結果的に中毒になる一因だったりするんじゃないかな?

と思いました。

 

最初は、あー( ̄▽ ̄)めんどくせー

今日はもう考えても仕方ないから飲んじまうか~てな感じに。

 

それが一番手っ取り早い。

だから人によってはそれがクセになっていく・・・( ̄▽ ̄)あっ。

 

酔いにどんどん慣れていくと、今度はなかなか解放されなくなり

だんだん量や回数が増えてしまう。

だから更に飲むを繰り返すうちに、解放される前に酒による問題の方が

先に出てきてしまうのではないでしょうか。

 

解放されたくて飲む→酔って問題を起こす→周りに迷惑をかける→罪悪感

( ̄▽ ̄)あーやっちまった。

 

その罪悪感からまた「手っ取り早く」逃れたい→また飲む→問題→迷惑→罪悪感

あーあまたやっちまった・・・( ̄▽ ̄)もうどうすんだよ、これ・・・

飲むしかねえ・・・てな具合に。

 

長い年月こんなことをしているとハッと気がついた時には、

これが「当たり前のパターン」になってしまう。

 

もはや解放を求めて飲んでいるのか、

ただやみくもに酒を飲んでいるのかすらもわからなくなる。

( ̄▽ ̄)どっちが先なんだよ、おい

 

酒を飲んで解放するつもりが、酒を飲むから解放から遠ざかっていく。

 

はじめはただその時だけ「てっとり早く」逃げたいと頼ったものが、

問題を解決する自分が持っている力、

元々作ってきた小さいころから地味に重ねてきた努力の塊やら

純粋に頑張る気力まで全て奪ってしまっていた。

 

気がついたらカラッポか、酒が満タンかどっちかになっていた。

 ( ̄▽ ̄)え?もうカラッポか?燃費わりいなあ、おい。

 

でもいまさらこの歳にもなって

「自分がカラッポでそこにタダ酒を流し込んでるだけ」

なんて思われたくない。( ̄▽ ̄)ち、ちがう・・・そんなんじゃない。

認めたくないよ。あれが全部パー?( ̄▽ ̄)うそだろ。

 

だってあんなに頑張って、あんなに良かった結果だって残してるじゃないか。

酒やめればそれが戻ってくるんだろ?

だから断酒なんだろ?( ̄▽ ̄) 

 

「もうそれはなにもない。失くした。」と認めないことには 、

新しい一歩ははじまらない気がする。

 

断酒は一生続く、いつまた飲むかもわからない爆弾を持ったまま。

( ̄▽ ̄)つらいな。

 

でも断酒によって大切なものや小さな幸せは日々生まれた。

思っていた断酒の辛い日々ではなく、見えてなかったものが見えて楽しかったって。

小さな花を咲かせたり、一緒に頑張ろうって人も出てきて。

 

今度は断酒していく上でいろいろ作っていかなければならない時期なのかも。

 

まだ今の自分の断酒は、自分自身の為でしかないと思います。

自己満足でしかないんですよね。( ̄▽ ̄)そだね・・・

 

自分の飲酒問題で迷惑をかけた人たちへのお詫びにはまだまだ遠い。

まだ今は断酒継続している自分を、半信半疑の目でみてもらうことしかないのかなと思います。

 

そしてその気持ちが通じるのは何年後か、それとももっと先か、一生ダメか・・・

これは相手によるもので自分側が求めることではないのです。

 

まず断酒したからって、手っ取り早く理解などないと思います。

そんなこと考えていたら、自分の問題の中身は何も変わることはありません。

 

「ただ酒で失敗したから飲んでない人」なだけです。

 

相手が納得して「もういいよ」ってビールのコップ渡されても

尚、断酒を続けること。

酒でない何かで自分が満タンになっていること。

 

だから長い長い道のりにくじけないために、

断酒して得た小さな喜びの花や一緒に頑張れる仲間が必要なんだと思います。

( ̄▽ ̄)うれしいな。

 

今はそれを作っていきたい。

作るために断酒や依存症、その他知識や解決策など

皆さんと共有したい。

 

まずは今日も断酒で。

更新もつづく。