読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失敗

こんばんは。

ふなしです。

 

人がもっとも自信をつける時ってどんな時か?

努力を重ねて成功した時はもちろんそうですよね。誰かに褒められたり、認められたり、それも大きな自信となりますよね。

 

ただ一番は「一度(もしくは何度も)失敗したことを成功させた時」だそうです。

 

考えてみたら人に認められることは嬉しいけれど、自分が認めれるまでになれているか自分自身が不安な時・・・そんな時には、自信というよりプレッシャーの方が大きくなるかもしれません。

( ̄▽ ̄)ふなしサン素敵~ いや~それほどでも・・・あるよ(ねえよ!)

 

難しいです。

何を失敗とするのか?何を成功とするか?

( ̄▽ ̄)これね・・・ブログ仲間の方が書いてらして、んーっと唸ってしまいました。

 

本当に何が失敗なのか?どこからが失敗なのか?

 

うまくいかないこと全てを失敗だと決めつけてしまうことで、

過去に同じようにうまくいかなかった経験があれば勝手にそれとも結びつけて

「あーやっぱり自分ってこういったことは一切駄目なんだ。無理なんだ。」

と次に進む気力までなくしてしまうかもしれません。

 

それじゃあ勿体なくないか?( ̄▽ ̄)あ・・

もしもう一回やってみていたら、うまくいかないなりにも次の成功が見えたかもしれない。

ちゃんと成功したら自分の大きな自信になったんじゃないか?

そしたらアレは失敗のようで失敗ではないのではないか?

 

また昨日より今日。今日より明日。という一連の流れの中で、より良くなっていくということを意識する。「今に投資する」ということを書いてらっしゃる方も居ました。

 

どちらのブログもここに紹介したいですが、してもいいのかな?

 

自分にとって失敗って何だっていうのは、もう少し考えてみたいと思います。

 

ところで一昨日の記事で「原因でなく解決に焦点をあてる」ということを書きました。

ただ少し考えてみたんです。

そうなると酒による過去の自分の棚卸はどうなってしまうのか?

またこの方法だと根本的なことは根っこから改善できるのか?

 

頭がいろんなことで「???」だらけでもありますが、ここで焦らずしっかりひとつずつ考えてみたいと思います。

 

はい( ̄▽ ̄)たまには考える人~

 

今日も断酒で。

更新もつづく。