読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本心ではない

依存症の特徴 依存症からの道

こんばんは。

ふなしです。

 

飲酒の問題が進んでくると、普段の生活でやることを後回し、もしくはやらなくなっていきます。

( ̄▽ ̄)自分はそうだった。

 

それが酒を飲んでいるからだとわかっていても、本当は飲んではいけないと思っていても「強迫性障害」(充分洗ったのに手を何度も洗ってしまうなどと同じ)で酒を飲んでしまう。

( ̄▽ ̄)最後の方は飲みたくて飲んでたわけじゃなかった。

 

ちょっと離れて考えればとてもバカバカしいことであって、酒より普段の生活ですることが大切なのは当たり前のことなのです。

 

その当たり前のことが酒飲みには認められないもしくは認めたくない、結局やらない。それがそうでない人間の目に一体どううつるか?

それを想像した時に「単にだらしないんじゃない、あれは病気なんだ」と言い切ることは今も自分には出来ません。

 

断酒をはじめて「やっぱり酒が・・」なんて時もあるものなのかもしれません。

依存症とは脳の病気であって、酒をいかに飲ませるかと脳が変わってしまっている。

 

それが浮かぶたびに「今のは自分の本心ではないんだ」とポイと背中に背負った病の「依存症のカゴ」へ入れていき、ひたすら自分が今やれることをやる。

 

相棒にこの話をしたら「あーいいこと思いついた!ムカついたことあったらメモに書いてカゴに入れて、後で一気に捨てようかしら。カゴ買ってこようかな」なんて言ってました。

え?なんかちがくねー?

てか、カゴに丸めた紙が入ってたら、それは自分のことじゃあないのか??

( ̄▽ ̄)えー

 

まあやってませんけどね。・・・と思う。(笑)

 

それでは金曜日ですので、皆さんご一緒に!

 

今日も断酒で。

更新もつづく。