読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

依存症でないのなら、酒は飲める

依存症の特徴

こんばんは。

ふなしです。

 

最初からそうではなかったけれど、(また同じようなこと書きますが)休みと言えば最後は「朝から酒」になっていました。

その前に「休みの前日は酒」でしたので、日にち跨いでるだけで、寝る時間以外は飲酒で繋がっています。

思いっきり連続飲酒ですね。( ̄▽ ̄)あー

 

当時はそれが至福の時でした。

それを楽しみに自分がまわっていた。

 

酒中心に・・・

 

「自分が依存症であるか、ないか」ってとても気になりますよね。

それはわかります。

自分もそうだったし。

 

「依存症であるか、ないか」が自分にとっては「これからも飲めるか、飲めないか」だから必死に考えるのかも・・・

認めたくないのかも・・・

 

そして誰かに「あなたは依存症なんかじゃないよ」って言ってもらいたいのかもしれませんね。

「あなたと酒を飲んでいると楽しいよ」

「その位誰でもそうだよ。だから依存症なんかじゃないんだよ」

 

依存症と認めたくないから「ずっと酒を飲めるなら」と一時的に酒量をコントロールできるかもしれない。

でもそれは本当に酒をうまく飲めているわけではない。

むしろ酒を飲むために必死になんとかしようとしているだけで。

 

それってそんなに重要なことだろうか?

 

自分の心と体が酒にやられているのかもしれないのに、これからも酒を飲むため・・・重要なところはそこだろうか?

 

でも自分がそうだった。

一生ずっと飲めないことがとても耐えられることではないと思っていたから。

いろんな問題も「ひょっとして酒のせいじゃないのかも」と思いたかった。

 

「依存症でないのなら、酒は飲める」

 

そこだろうか?

 

依存症の自分、あの頃はそこばかりが重要だと思っていた気がする。

( ̄▽ ̄)んーーーーー、そこじゃなかったんだよね。

 

 

今日も断酒で。

更新もつづく。