読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒の言いなり

依存症の特徴

おはようございます。

ふなしです。

 

酒を飲まずにはいられなかった。

あの時はなにかに取りつかれていたのか。

酒を「少しだけ」と思っても飲みだせばとにかく止まらなくなっていた。

モロアルコール依存症

 

ただ酒を飲み続けるだけではなかった。

黙って飲んでいるわけではなく、愚痴を言う、変な自信が出てくる、今がいいんだからいいんだというわけのわからない気持ちになる。

飲んでいる間は一生寝ないでも酒を飲んでいれば大丈夫なような大きな気持ちになる。

 

「死にたい」と思ったわけではないが最後の方は「このままじゃ死ぬんだろうな」と。

それでもコントロールが出来ない。

 

傍から見れば「やらない、しない」にしか見えない。

 

自分でもそう思っている「やれないんじゃなくて、やらないだけだから」

だから「なんとかしなきゃ」とは思うんだけど。

でもそれがまずいというか、だから「次はちゃんと飲もう(飲み過ぎないようにしよう)」という考えになってしまう。

( ̄▽ ̄)そっちじゃねえんだよ

 

「やらないんじゃなくて、やれないんだ」「しないではなくて、出来ないんだ」

それをなかなか認められない。

酒に関しては特に「出来ない」なんて思いたくも、思われたくもない。

どこかでわかってはいるんだろうけれど、それが酒を飲んでしまうと吹っ飛んでしまう。

 

飲んでいるうちに飲む前には「もう酒をやめようかな」と思ったことすら「やめてどうするんだ」と酒をやめた方が危機みたいなおかしな考えになっていく。

実際離脱症状があるのもあるんだけど。

 

これは時々思い出さないと酒をやめて落ち着いてくるのは良いが、都合の悪いことは忘れてしまう。

 

自分が酒でコントロールできるのは「一口も飲まない」というところまで。

後はもうコントロールするどころか酒の言いなりになるしかない。

 

 

だから

 

今日も断酒で。

更新もつづく。