読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔っぱらいたくないから、酒を飲むのは嫌だ

断酒後の発見 依存症からの道

ふなしです。

 

先ほど書いた日記、考えてやっぱり戻しました。

すんません。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

なので、今日も断酒の話をします。

 

酒を飲むことで酔っぱらいたかった自分が、今はもう二度と酔っぱらいたくないなと。

 

酒を飲まなければ全部解決するわけでなく、しんどい時もあるんだけど、

焦らず徹底的に迷ってぐるぐるする生活にも慣れてきました。

 

迷ってぐるぐるするのがいいのかはよくわかりませんが、酒飲んで現実逃避よりはいいだろって、その程度です。

( ̄▽ ̄)まだ途中ですから。

 

ダウンタウン松本人志さんが「前しか向かないのもある意味わき見運転」だったかな?

そんなこと言ってたのを思い出しました。

 

酒の病気の怖さ、酔っぱらう過程を知ったこと、

酒をやめても自分に起こるいろいろなパターンの飲酒欲求のことを考えてきて、

考えて考えて、やっと最近「自分はもう酒を飲んで酔っぱらいたくない」とはっきりとわかりました。

 

酔っぱらわないためには酒を飲まないことしかない。

 

「酒を我慢して酔っぱらわないようにする」というより「酔っぱらいたくないから酒を飲むのは嫌だ」と思いました。

 

同じようで、なんとなく思い方で気持ちが違いますね。

 

今日も断酒で。

更新もつづく。