読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒は酒でしかない

こんばんは。

ふなしです。

 

酒を飲んでいた時は、飲んでも飲んでも止まらなかったです。

グラスに酒が残ったまま帰るのも、途中で水など飲むことも「もったいない」と思ってました。

( ̄▽ ̄)わけわかめ、アホすぎる。

 

酒に対する執着が異常だったのは傍から見たら面白くも見えたのかもしれない。

酒を飲んで発言すれば面白いと言われた。

呆れながらも笑っていたのかもしれない。

内心怒っていたのかもしれない。

今となっては周りがどう思っていたのかは、限られた人にしか聞けない。

(それも聞いてないけど)

( ̄▽ ̄)聞いてねえのかよ。

 

酒を飲んでいたあの頃から離れてこうしてなんとかやっているけれど、

あの頃に戻るのは本当に簡単なんですよね。

 

一杯飲んじまえば途端に戻ります。

そんだけなんですよね。

 

今断酒していることは、たった一杯飲めば終ってしまうこと。

どんなに強い気持ちで止めても、誰に誓っても終わってしまう。

 

酒を飲まない、ただそれだけのことですが、

優先順位は依存症にとっては一位であって、ただ力いっぱいやめていくのには限界があるわけで。

( ̄▽ ̄)ずっと力いっぱいなんて、自分に出来るかなんてわからん

 

だから頑張りだけでなく、考え方の工夫もあってもいいのかな?と。

勿論少しの我慢や頑張りは必要なんだけど。

突然の飲酒欲求は我慢と頑張りで乗り切ることだってあると思うし。

 

他の食べ物や飲み物で凌ぐのもありかもしれないけれど、その飲食物がずっと酒の代わりの生活っていうのも、それがあっている人とそうでない人両方いる気はします。

( ̄▽ ̄)その辺りも人それぞれで。

 

「もう二度と酒は飲めない」ではなく「もう酒を飲まなくてよくなった」

「これは酒飲むしかない」ではなく「自分の感情と酒は一切関係ない」

「酒を飲めばその場だけでも忘れられる」ではなく「忘れたはずのまさかの翌日倍返し」

「酒は友達」ではなく「酒は酒でしかない」

 

これは断酒している方の言葉からヒントを得たり、自分で見つけた気づきから現時点で考えついたことです。

 

この先変わるかもしれないし、人によっては「なにこれ?」かもしれないですが。

( ̄▽ ̄)なにこれ?のが多いだろうな

 

やり方はそれぞれで。

ただ一日でなにもかもの解決はなく、

ひとつひとつ焦らずに。

 

今日も断酒で。

更新もつづく。