読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲めないからツラいのか、飲んでいたからツラいのか

依存症への道 依存症の特徴

こんばんは。

ふなしです。

 

アルコール依存症がずっと酒を飲まないのはそうでない人と違って大変です。

 

この病気のことをよくわかってない人の中には「飲まないことがストレスになってかえって体に悪いんじゃないか」と酒を飲む理由にする場合もあります。

 

他は「自分は普通にやめられたし、依存症っぽいだけで本当の依存症ではないだろう」とか。

依存症に、ぽいも本当もないんですけどね。

入口付近か末期かはあったとしても。

 

また「何年もやめていたんだから、そろそろいいんじゃないか」と再飲酒してしまう場合もあると思います。

 

飲んでもまたすぐにやめればいいと飲んだのに、ところがどっこいやめられない場合もある。

次にやめるのにもまた最初と同じように、場合によってはそれ以上に大変かもしれない。

 

本人にヤバいとなかなか気がついてもらえない、気がついたころには、もう簡単にはやめられなくなってしまっている場合が多い病気です。

早めに気がつければ、大きな問題も起こさず酒を飲まないこと以外は普通に生活を送ることが出来るのに、早めにはなかなか気がつけない。

 

そして「酒を飲まないこと」が凄い苦痛になります。

 

「飲めないからツラい」と思ってしまいますが、

そうではなく「そうなるまで飲んでいたからツラい」となかなか思えない。

 

出来ればなるべくやめずに済ませたいと考えてしまう。

病気と言われてもなかなか納得できない。

酒が飲めないなんて耐えられない。

あれやこれや酒が飲めるように周りの人だけでなく、自分自身すらも騙してしまう。

 

長い間毎日酒を飲んできてしまったら、飲めば飲むほど、体から酒を抜くにも、飲まない生活に慣れていくことにも時間がかかってしまいます。

 

飲めば飲むほどやめるのがツラくなる・・・

 

 

今日も断酒で。

更新もつづく。