読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きというより意地だった

依存症の特徴

こんばんは。

ふなしです。

 

依存症も進んでしまった頃は「酒を飲んでいる」というより「酒を飲まされている」という感じでした。

例えばコンビニで何か別の買物するにしても、つい酒も手に取ってしまう。

( ̄▽ ̄)あー 手が・・手が勝手に・・・

 

飲んでいた頃のことで思い出すことがあります。

ある時、緑茶ハイを口にした瞬間「こんなものより普通のお茶のがうまいのにな」と一瞬頭をよぎったことがあります。

でも次の瞬間「でもそれじゃ酒入ってないし」とアルコールが入っているかいないかを考えたことも思い出します。

 

友達に「酒が好きで飲んでいるっていうより、意地になって酒を飲んでいるように見える」と言われ、その時はムカついたのですが、ずっと頭に残ってました。

( ̄▽ ̄)図星☆彡でした。

 

「意地になって飲んでいた」のか、「酒に酒を飲まされていた」のか・・・

( ̄▽ ̄)どっちもだろうな

別に言い訳をしたいとかではなく、本当にそうでした。

今思えば「なんだったのだろう」ですが、どうにもならなかった。

こんなことを思い返していると改めて酒はコワいです。

 

 

今日も断酒で。

更新もつづく。