読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

依存症の特徴 依存症からの道

こんばんは。

ふなしです。

 

アルコール依存症の末期は悲惨です。

寝て、起きて、飲んで、寝て、起きて、飲んで・・・

 

起きて飲んでいる間は何をしているかわからない。

それが自分の思った行動と違ったとしても「本性」だと受け取られることは覚えておくべきです。

 

飲んだ後は、次に酒を飲むまでの間寝てしまいますが、これは眠っているというより気絶しているに近いです。

( ̄▽ ̄)えー

 

末期となれば、もう酒を飲むことしか考えられなくなってしまっている状態です。

 

ここまでくれば自分のことを思って注意してくれる人がジャマに思えてきます。

 

酒を飲むことが最優先で、仕事、掃除、洗濯、食事、風呂、身支度、本来のあたりまえの生活すらどうでもよくなってしまいます。

 

素面に戻れば「酒を入れなければ」と必死になり逃れられなくなる。

それが自分にとっての当たり前になってしまう恐ろしい病気です。

 

はあ?まっさかー、そんなになるまで?

いくらなんでも、そこまで自分は飲まないだろう。

そんなのはごく一部の人で、その手前でやめられるはず。

( ̄▽ ̄)脅さないでくれよ

 

確かにそれはそうだと思います。

実際そこまで行く手前でやめている方はたくさんいると思います。

ブログ書いてる人もそんな方も多いですよね。

だいたいはそこで疑問を感じられるはずだから。

 

でもそこで「ほら、やめようと思えば、いつでもやめられるじゃないか」と勘違いしてしまうと、一旦止まったものがすべて崩れていくことになるかもしれません。

 

自分は医者でもありませんから「かもしれません」とか「思います」としか書けませんけれども。

 

ところで「もっと飲めたかもしれないな」ってところでやめることは勿体ないことでもなんでもないですよ。

 

自分で自分の命を大切にして前を向ける誇らしいことです。

 

「加減して飲めればよかったのに」といつまでも後悔することもないと思います。

 

加減して飲める人間が偉いとか偉くないとかではなく、自分は出来ないだけです。

 

自分には自分の道があり、自分の酒の道もある。

酒に飲まれてしまった自分は覚悟して退散するしか道がないだけ。

( ̄▽ ̄)そんだけ。

 

 

今日も断酒で。

更新もつづく。