読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲んでいない時も酒が気になる

依存症からの道 依存症の特徴 断酒後の発見

おはようございます。

ふなしです。

 

酒をやめられない頃には酒以外興味がありませんでした。

なにか他のことをするのでも必ず「酒を飲む」が絡んでいたと思います。

仕事するときはさすがに飲みませんが、ただ酒を飲みたいから早く終わらせたいとか、いい感じに言えば「明日出来ることを今日やらない」ですが、本音は単に投げ出して飲みに行きたかっただけだった時もありました。

( ̄▽ ̄)あー 

そんな感じでした。

 

酒でコントロールが効かない。

何故か酒が最優先になってしまう。

そこで飲むかどうかは別としても、気持ち的には息をするように酒を口にしたくなってしまう。

 

そんな状態なんだから「一日酒を飲まない」ってことが相当大変になります。

 

ここで問題なのは「飲んでいない時も酒が気になること」

 

のんべえだった自分もそこまでいくのには相当な年月酒を飲んでからでした。

 

「飲んでいない時も酒が気になる」

そう思いはじめてからが特に「酒がすべて」となっていくスピードが加速しました。

 

そうなると勿論飲める時に飲まずにいられなくなる

外で飲んでるのに、家にも酒がないと不安になってくる

そうして、だんだんと「飲んでいない時」が「飢餓状態」みたいな感じになっていたと思います。

( ̄▽ ̄)あー 酒が飲みてー

 

こんなに酷い状態であった自分も最初からではないんです。

本当に「いつの間にか」であり、どっかから物凄いスピードで物凄く普通ではなくなっていく。

( ̄▽ ̄)どうすりゃいいんだよ

 

酒をやめる。やめつづける。

そうすれば少しずつですが「飲んでいない時も酒が気になる」ことが、どんどんなくなっていきます。

 

「酒を飲まない」

こんなにラクなことはありません。

 

酒に付属でくっついてきていた必要ない物や汚れた気持ちも手放すことが出来ます。

きたねえ鏡を少しずつ毎日拭く感じです。

自分の顔が少しずつ見えてきます。不細工でも愛おしくなります。

( ̄▽ ̄)よく見ればイケメンに・・・は見えませんが(笑)

 

イケメンの方はよりイケメンに、そうでない方はそれなりに・・・

 

今日も断酒で。

更新もつづく。