読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「できない」と「やらない」は違う

おはようございます。

ふなしです。

 

酒のこともそうなんだけど、自分の中では「当たり前に出来ていたこと」「当たり前に元気だったこと」が本来の自分であると思いたいところではありますが、どうやらそうではないところもあるようです。

 

「酒を以前のように自分の力で調整して飲めなくなった」というのと同じようなことで、「こうすれば簡単に出来るんだよ」という親切な言葉も受け取り方によっては傷つくこともある。

( ̄▽ ̄)ヘタレです。

 

自分の場合は、それでも元がそんなに優秀でもないので、そんなに悩まなかったですが、それでも少しは悲しいとか寂しいとか思ってしまったことも、去年たびたびありました。

酒は止めてみたけれど・・・全て思う通りには戻らないよなって思ったこともなくはないです。

 

断酒したから良いことがあるということではなく、以前の自分に戻ることが目的ではなく、酒のない生活の中で新しい自分を作っていく。

 

そういうアドバイスをいただいた時、なんとなくはわかるのですが、

「はて?じゃあ具体的にどうしたらいいんだろ?」って、とまどいました。

趣味つくるの?今までの物必要なものまで全部捨てるの?腹が立っても怒らないの?

( ̄▽ ̄)あー わからん

 

これは難しくて、焦ってテンパったり、同じところをグルグル回ったり、

前と言ってること考えていることが違ってきたり、

なにしろ自信が持てなかったり、

( ̄▽ ̄)あー わけわかめ

そうこうしながらも断酒して毎日を過ごしている中で、少しずつ落ち着きを意識して見つけていく。

失敗したなら、そこは改めてまた自分でやり方をさがしていく。

 

人の意見もそれぞれではあるけれど、

「悪意があるもの」以外は、間違っていることなんてないんじゃないのかなと。

 

それぞれが何かの形で酒がやめられる方法を真剣に考えているわけで。

だからやってみてうまくいかないからと諦めたりしないで。

( ̄▽ ̄)焦らず。

 

自分の場合。

酒をやめたからって頭に浮かぶことが全てきれいで正直で輝いているわけでもないです。

けれど、以前のようにうまくいかなくても、断酒を続けていくことで気づいて見つけることが出来ました。

 

一番は「できない」ってことの受け止め方。

それは自分のことも、他の人に対しても。

 

「できない」ってことと「やらない」ってことは違う。

「やろう」と思うから「できる」と「できない」がでてくるわけで。

 

「やろう」→「できる」になれれば一番いいのかもしれないけれど、

「やろう」→「できない」→「できる」の人にしか見えないものもあると思います。

 

だから焦らず。

 

今日も断酒で。

更新もつづく。