読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒飲まないで・・・

依存症からの道 断酒後の発見

こんばんは。

ふなしです。

 

700日のお祝いのメッセージ沢山ありがとうございました。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

( ̄▽ ̄)しくよろです。

 

侍ジャパンがはじまって、テレビでですけれど、友達とラインとかしながらマエノメリでみてます。

4年前は酒飲んでクダ巻いて7回あたりからは試合もろくに覚えてないなんてことも多々でありました。はい。

( ̄▽ ̄)あー

 

なんでもかんでも酒飲んでやっていた、いつの間にかそれが染みついてました。

「酒をやめようか?」となった時に「やめられるわけがない」と思った理由の大きいところが、酒の味がうまいとかではなく、どんどん広がっていったそういった酒の習慣もあったんですよね。

( ̄▽ ̄)あー

 

酒飲まないで〇〇する。

本来はこれが生活のほとんどのはずなのに、最初はそうだったはずなのに。

いつの間にか酒を飲んでやることがどんどん範囲を広げていきました。

そしてどんどん濃くなってもいきました。

 

断酒はじめた頃はおっかなびっくりで「〇〇することで酒思い出さないか?」「〇〇するにも、もう酒飲めないのか・・・」などなど、不安ばかりが先に出てきましたが一つずつ「酒飲まないで・・・」とすることで酒のない良さがわかってくる。

( ̄▽ ̄)なんだ、シラフのがいいじゃないか・・てか、シラフがいい!

 

酒を飲まないという自信をつけるというよりは、酒を飲まない良さを覚えていく。

それが少しずつ自分を変えていく、本当に少しずつ。

 

勿論病気は変わらないけれど、過去も変わらないけれど、今酒飲まないでいること、飲まないことが幸せと思えることは「あの日あの時」断酒をはじめなければわからなかったこと、変わらなかったこと。

 

今日も断酒で。

更新もつづく。