読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうやめる

依存症への道 依存症からの道 依存症の特徴 断酒後の発見

おはようございます。

ふなしです。

 

自分にとって酒を気をつけて控えめにとか、今日はやめておくとか、普通の人がなんでもなく出来ることが出来ませんでした。

 

元々出来なかったわけではありません。

ある日突然そうなったわけでもありません。

 

「酒が好きだから」と飲み続けて、少しずつ、少しずつ量も増えていき、少しずつ、少しずつ飲む時間の範囲も広がっていきました。

そしてだんだんと酒に対して執着していくようになりました。

 

急性アルコール中毒と違って、明らかに酒が原因だってわかる部分と酒でなく別の何かに原因があるのかなって勘違いしてしまう部分と混ざっていました。

 

前にも書いたことありますが「いつの間にか」が本当に多いなって。

( ̄▽ ̄)あー なんで気がつかなかったんだ・・・

 

酒はやめ続けた方がラクだと知りました。

やめ続けた方がラクというのは「やめる」というのが一回で済みますもん。

 

やめようと思ってもなかなかやめられなかった酒。

行くところまで行かないとダメだった自分。

 

そして「いつの間にか」が多いのですが「原因は酒だ!」ってはっきりと自覚が出てくる頃には一気に依存の進行も早くなる気がします。

 

酒飲み時代の最後の方の自分を書いてみるとこんな感じでした。

少々わかりにくいかもしれませんが・・・

 

「もうやめよう」「次の一杯は飲まない」というまともな考えのよりも「そうはさせないぞ、一杯くらい変わらないだろう」という病気の考えの方のスピードが上回り、それも飲めば飲むほどどんどん早くなってしまう。

 

「よし!やめた!」とコップを置く前に「まあいいじゃん、もう一杯だけ」が来てしまい次の酒を頼んでしまう。( ̄▽ ̄)えー

 

頭で考えるより先に手や口が反応してしまう。

酒を求めてしまう。

 

断酒した今「もうやめる」って思わなくて済んでます。

だからラクです。

( ̄▽ ̄)自分の場合は・・・ですけどね。

 

断酒を続けていく内に自分なりの「なにか」は見つかるのかなって。

それは断酒したからラッキーなことが起こるとかそういうことではなくて。

その人その人の「なにか」

( ̄▽ ̄)ねー

 

今日も断酒で。

更新もつづく。