読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お皿を割ってしまった時に

おはようございます。

ふなしです。

 

子どもの時に皿を割ってしまって親に叱られました。

あ、別に自分は皿割りまくってたわけでもないし、普通に叱られただけですので、トラウマ話とか、そういう話じゃないです。

 

で、それから成長し、バイトに行って失敗して大事な皿割ってしまいました。

大いに謝りましたが、幸いブラックバイトとかでなかったので(笑)叱られるどころか「ワザとやったんじゃないんだから仕方ない、次気をつければ」と許していただいたのと。

その後に「それより怪我はなかったか」と優しくしていただいたことがあります。

 

よくある気づかいではありますが、お陰様でとても申し訳ないなと思うのと同時に心の底からホッとしました。

お叱りがないってことよりも、自分の怪我を心配してくれたと。

 

スリップをしてしまって、よく公開謝罪みたいな感じになったりして、ご本人はきっとそうしなきゃならないと思うんだろうなっていうか、いろんな気持ちでそうなんでしょうし、多分自分もスリップしたら謝るんだろうなっていうのは思ったりもしますけれど。

同時に「なんかそれおかしいよなー」と思う時があります。

 

断酒をしている人間にとってスリップとは一番恐れていることだし、それを聞いてショックはやっぱりあるし、だからごめんなさいってなるのかとも思いますし。

 

ただ・・・

「それより怪我はなかったですか?心とか体とか・・・」

 

そんなに自分を責めないでって思うことが多いです。

 

 

今日も断酒で。

更新もつづく。