読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スゲー酒を飲む夢をみてしまった

おはようございます。

ふなしです。

 

酒を飲む夢は何度か見たことあります。

ボヤっとしたものから、現実なのか?と思うほどにハッキリのものまで。

 

今朝見た夢はハッキリの方でしたし、いろんな意味で強烈でした。

起きたのは2時間前位ですが、まだ少しショックです。

 

最近はちょっと疲れているからか夢もそんなに見てなくて、ひさしぶりの夢がコレというのも笑いたいけど、うまく笑えません。

( ̄▽ ̄)あー

 

今回は親戚の葬式でした。

しかし葬式の場所では酒もすすめられず、自ら「酒をやめて2年たってる」と言ってました。

もう建て替えてしまっている昔の親戚の家で、家族は母親だけが出てきますが、母親が若い(笑)

亡くなった親戚の人もいました。

知らないキレイなお姉さん(お姉さんと言ってもうんと年下)もいました。

( ̄▽ ̄)そんなのどうでもいいだろ

 

で、母親は自分が中学生くらいの時の歳の感じなのに、自分は今の自分です。

なので若く見えるかあちゃんに「今日はホテルに帰って寝るわ」みたいなこと言って颯爽と(笑)出ていきます。

 

ホテルに行く手前に昔たまに寄っていたBARを見かけました。

そこへ迷うこともなくスーっと入っていきました。

 

一杯目は味がするかしないかの水のような水割りでした。

そう、何故か飲むまでの葛藤もなにもないんです。

しかも「水みたいな」と夢なのに味も感じました。

二杯目が運ばれ、それは超濃い水割り。

それを「濃いなあ」と思いながらも飲んでました。

 

次の日、二日酔いもなく、罪悪感もなく、ただ「飲んでしまったなあ」とは思いながら親戚の家に行きます。

 

母親の隣に座った途端に母親が

「酒、飲んだ?」

「え?飲んでないよ」

「酒臭い!」

 

そこで目が覚めました。

( ̄▽ ̄)えーーーーーーー

 

夢とは言え嘘までつきました。

( ̄▽ ̄)あー

 

断酒のお仲間さんに「酒を飲んだ夢を見た」と聞くと「そんなの気にしなくていいよ」と言ってますし、思います。

今も気にしなくていいとは思ってます。

 

でも自分が酒の味まで感じてしまう夢なんてみるとショックですねー

 

夢で母親に突然聞かれて嘘を言ったってのもあるし、夢の中で罪悪感もさほど感じてなかったのも気になるし。

「なにかの呪いかもしれない!」と朝から相棒に事細かに話したら、途中から呆れた顔で大笑いしてました。

( ̄▽ ̄)あ、笑っていいのね

 

今日も断酒で。

更新もつづく。