読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫌な思い

断酒後の発見

こんばんは。

ふなしです。

 

なにか嫌な気持ちになったときに「切り替えが早い」というのと「その場でそれを消し去りたい」と思うのは違うんですよね。

酒を飲んでいた時には「よし!切り替え切り替え!酒飲んでパーッとやろう」っていうのは良いことというか、それが切り替えが早いと思い込んでました。

 

根はいじけた野郎なのに( ̄▽ ̄)あー

 

確かに軽く嫌なことなんて酒で本当に忘れ去ってしまえるのだけど、ただそれが癖になりました。

だから何かあれば酒を飲んで、それが酒で消し去れないくらいのことだと余計大きく、いつまでもしつこくなってきます。

だから「もう一杯」の理由にします。

切り替えるどころか周りに「まあまあもういいじゃないか」と慰められたり。

( ̄▽ ̄)あれ?さっきは自分よりあんたのが怒ってなかったっけ?

 

そんなにしつこかったのかよ・・・凹むなあ

 

嫌な思いなんて、普通に歩いていてもある時はあることで、重なる時は重なって、

一時間前に起きた別の嫌なことまでをわざわざ結び付けて勝手に嫌な一日に自分で作り上げる。

それを飲む理由にして、いつも以上に張り切って酒場へと繰り出すわけで。

 

「どこが嫌なことで、それは自分にとってどのくらいの大きさで、次そんな思いをしなくていいようにするにはどうすればいいのか」

そう考えられれば、相手に言うべきか言わないべきか、言うにしても言葉も選べるし、余計な文句をくっつける必要もなくなる。

そんでどうでもいいことならすぐに切り替えられる。

 

本当に切り替えがうまい人って、瞬間的にそれを考えて「あ、これはもういいや」とか「いえ、そうでなくって」って冷静な判断が出来る人なのかなって。

判断というのはすぐに腹を立ててアピールとかでなく、自分が中心ではなく一般的にどうなのかなとか。

 

あらゆる可能性を考えて行動している方はやっぱ酒飲んで憂さを晴らそうなんてしてませんしね。それはそれ、酒は酒と。

 

まー、とは言っても、どう考えても自分は切り替えの達人にはなれませんが、上手にやってる人など参考にしつつ・・・( ̄▽ ̄)なるほどね~

それはそれ、酒は避けて。

( ̄▽ ̄)くだらねえんだよ 

 

では金曜日ですので、みなさんご一緒に。

 

今日も断酒で。

更新もつづく。