読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

苦しいのが断酒なんだけど

おはようございます。

ふなしです。

 

自分の今の飲酒欲求を書くというのは考えましたね。

というか、それ自体どこかで必死に打ち消してたのかな?

飲酒欲求と言っても「飲みたい、飲ませてくれ」的なものではなく、やはり生活のあちこちで酒に対して人より敏感であること。

 

それが毎日、毎回でもなく、時には数ヶ月に一度くらい、忘れたころにほんの一瞬とかだったりするので、さすがにそこまでを飲酒欲求とまでは言わないだろうと思ったりもするんだけど、

でもやっぱり例えば腹減って飯食いたいけど忙しくて後回しの時に、かつ丼が目に入った時の感じとは違うんですよね。

( ̄▽ ̄)まーったわけわかめな例えだな

 

 

「飲酒欲求は断酒の敵」みたいな感じに構えていて、そう思ってしまっているのを認めたら飲んでしまうんじゃないかとか。

 

( ̄▽ ̄)この辺りは、うまく言えないんですけど。

 

 

ブログを書いて酒のことをいちいち思い出す生活もまだまだきついなと思う時期もたまにあります。

 

本当はどんどんどんどん回復して、ここまで飲まないと飲酒欲求なんて0なんだよとか書きたいところだけど、そうもいかず。 

 

つい最近まで肩に力入れまくっていたというか、自分ではそうは思ってなかったし、追い詰められていたわけでもないですが、息苦しいなと思うこともありました。

 

「もう飲酒欲求はない」と思ってもあるかもしれない、ならば飲酒欲求と付き合っていくしかないなと覚悟を決めたら、暫くすっかりなくなったり。

あ、じゃあもういいのかなと思えば人が飲んでるの見てグラついたり。

 

ま、結局飲酒欲求なんて、ある日パッタリ消えるものでもないんだなと。

( ̄▽ ̄)今も空中をフラフラしてるかもしれません。

 

飲酒欲求が消えなければ苦しいというなら、ただ苦しいのが断酒ということになってしまうんだけど、じゃあ飲んでしまえば楽しいかと言ったらそうではない。

 

そういうものもすべて現実として受け止めて「でも自分は酒に対して無力なんだ」ということを繰り返しながらわかっていく。

 

酒を飲んでしまったらコントロールは効かないんだけど、その手前まで「一口も飲まない」を訓練をしていく。

飲酒欲求が消えなくても、それは回復途中にあることで「ただ苦しいことではない」と思うこと。

 

自信はなくていいんだと。というか、それが一番こわいことなんだと。

何故なら心のひっかかりの問題を考えなくなるから。

自分の場合、今のままでは、自分のキャパ以上の問題にぶち当たった時、ポワンだけだった飲酒欲求が必ずデカくなって出ると思う。

今はたまたまそういう問題に遭遇していないだけと。

 

断酒はただ苦しいことではない。

あきらめず。何度でも。

 

今日も断酒で。

更新もつづく。