読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「いつの間にか」が多いこの病気

依存症への道 依存症からの道

こんばんは。

ふなしです。

 

最初は機会飲酒からはじまり酒の楽しさを知って、いつの間にか飲む量や飲む回数など増えていき、いつの間にか家でも飲むようになりました。

 

いつの間にか飲まない日がなくなっていき、いつの間にか買うつもりがなくても店で酒が目に入れば買うようになりました。

 

いつの間にか酒を飲むのに理由をつけていました。

いつの間にか飲酒のしすぎが止められなくなっていました。

いつの間にか飲みを切り上げることが大変になっていました。

 

( ̄▽ ̄)あー、いつの間にかだらけだな・・・

 

回数とか酒量とか、自分ではっきりとわからないうちに、いつの間にか増えていましたね。

んで、いつの間にか、そこに酒があれば迷わずいくらでも飲んでしまう・・・

( ̄▽ ̄)酒が酒が勝手に口に・・・

 

長い時間をかけて依存していくので、よーく振り返っても、やっぱりいつの間にかそうなっていたとしか思い出せません。

 

うっすらとなら、はじめて二日酔いした日だの、記憶が消えた日などわからないでもないのですが、そこまで行く過程もやはりいつの間にかって感じなわけで。

( ̄▽ ̄)あー

 

どこまで戻っても結局最初酔っぱらった時の感覚が好きだったから酒量は増えて行ったとしか思えないんですよね。

 

長年そういう酒を飲む癖がきっかりしっかり脳にこびりついてしまった自分はもう脳から完全にそれを追い出すのは無理なんですわ。

( ̄▽ ̄)りーむー、りーむー

 

ただだからと暗くなったり、あまり難しいことばかり考えずに、

まずは「酒はもういらない」それだけ。

 

今日も断酒で。

更新もつづく。