読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒を飲んでる人をすぐ依存症と思いたくなる

こんばんは。

ふなしです。

 

酒をやめた見返り?

なにかおまけがないと酒をやめられないのか。

 

酒をやめた頃はいちいち自分で感動してました。

体の調子が良くなったとか、二日酔いやブラックアウトの心配もないとか、

それはそれでよいことだと思うけれど。

 

でも、じゃあ酒を飲まなくてなにも良いことなければ、やめても意味がないのか。

 

全員が同じ理由で断酒生活に入ったわけでもなく、

環境も違うわけで、

同じなのは「今日一日飲まない」と生きていることだけ。

 

そしてそれは怒り狂っていても、泣いていても、腹が減っていても・・・

その部分を自分で解決するか、酒なくやり過ごしていくしかない。

 

それで飲まない一日を過ごせても、

酒のない生活は「今までと全然違う」って喜びたくても、

やっぱりそれをわかりあえるのは、少数派で。

 

聞いてもらいたい、わかってもらいたい。

なかなか難しいこととは思いながら、酒のない生活を送る自分が今までとどう違うかわかってほしい。

( ̄▽ ̄)みて!みて!

 

ただ今ビールのジョッキでプハー言ってる人間に言ってもそれはわからない。

わからせる必要もない。

自分の過去の酒癖を棚に上げ、今現在酒を飲んで騒いでいる人間を、

気がつけば「まだわかってねえやつだな」なんて偉そうに見ていたりする。

 

自分とは違う。それをなかなか思えない。

だから誰もかれもをあんなに飲んでたら依存症かもとか思いたくなる。

そこになかなか線を引けない。

 

酒を飲む番組とか目にしても、あんなのテレビの世界だから、どこまでが本物の酒かなんてわからないのに、やたら批判的になる。

 

( ̄▽ ̄)んー

まだまだだなあ・・・まだまだと自覚することも大切か。

 

今日も断酒で。

更新もつづく。