読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をしないのではなく、悔しいとか情けないを我慢する。

こんばんは。

ふなしです。

 

今は本を読むのも普通になっているのですが、断酒はじめた頃はいろいろありました。

 

最初は依存症関連の本ばかり読んでいました。

何冊か読んでくうちにみんな同じようなこと書いてあるだけなんだけど、それでも読んでいることで守っているみたいなところもありました。

 

今はいろんな本読んでます。

前は読むのがとっても疲れたんです。薄っぺらい文字の少ない本ですら。

本を読むことも出来ないくらい脳がやられていたのではないでしょうか?

 

本だけじゃなくて、なんでもない簡単なことでも新しくおぼえることが苦手になっていましたし。

 

でも早く読むことや深く理解することより、よくわからなくても何度も何度も繰り返して読もうと思って悔しいとか情けないを必死に我慢しました。

 

で、思いついたのが・・・

期限があるのでなるべく買わないで図書館で借りることにしました。

まあお金使いたくなかったのも大きいですが。(笑)

期限は2週間です。

読めてなくても返します。

途中で諦めた本もあります。それも情けなかったけど、期限を忘れずにいるというのと約束を守る的な訓練をしているつもりでした。

それでもたまに忘れてしまったりして、それはそれでまた情けなかった。

 

でもそんな小学生みたいなことが出来なくても悔しいとか情けないはやっぱり我慢です。

 

おかげさまで?今はそこの部分は問題が全くなくなりました。

読める量も増えたし、返却日もメモらなくても忘れなくなりましたし、

本だけでなく他のこともかなり戻りました。

でもなんとかなったのは本のおかげかなって思ったりします。

出来なくて悔しいと情けないを我慢してよかったと。

 

元々出来ないことはそんなには思いませんが、出来ていたことが出来なくなったり、やってもやってもうまくいかなかったりすると「なぜできないんだろう」「なら1つもやる必要もないんじゃないか」なんて思って悔しかったり情けなかったりしてしまいます。自分はですけど。

 

0と1じゃ全然違うのにね。

 

100をノルマとしていても、そんなの無理だと思ったら自分が自分で情けないとかは我慢して、そこは出来ることを1つずつでいいのではないかと思う。

で、出来ないことを諦めることも悔しくて情けないけれど受け止める。

 

無理をしないではなく、悔しいとか情けないを我慢する。

 

「無理をしない」じゃ周りの人はそんな風に思ってなくても、自分が自分で何もやってないような気持ちになって自分を追い込んでしまうかもしれない。

 

でも出来ないことを悔しいと思ったり情けないと思ったりすることを自分は今我慢できたのだと。

 

1しか出来ないではなく、1出来た。

 

今日も断酒で。

更新もつづく。