読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

依存症かも?と思ったら。

酒の害 家族 依存症への道 依存症の認知度 依存症の特徴

こんばんは。

ふなしです。

 

酒は正体を知ればただの怖い飲み物だと思います。

飲酒者の26人に1人はアルコール依存症と言われています。

アルコール依存症の平均寿命は52歳。

 

「え?」

 

1000人に1人くらいの人がなる病気だと思ってませんか?

一升瓶抱えて、バカボンのパパみたいなテロンテロンのシャツに腹巻みたいな恰好した人みたいなのがそうだと思ってませんか?

 

( ̄▽ ̄)さすがにそんなこたあ思ってねえだろ。

 

別に自分が依存症だから、誰もかれもそうだと言ってるわけじゃありません。

 

ただ酒を飲みはじめた時からそんなに無茶に飲まなくても、

酒が好きになれば自然と酒のある生活に馴染んでいくでしょう。

 

自分は前に酒をあまり飲まない人間に驚かれ「これだけの量の水を飲めるか?」と

言われたことがあります。

でも酒好きだったら同じ量飲んでも「おーいけるねー」と喜ばれます。

 

環境がどうのとついつい環境のせいにもしてしまいますが、自分というものをきちんと持っていれば流されることもなかったのかもしれません。

 

それを酒をやめてから知ることになりました。

 

アルコール依存症は人を巻き込む病気です。

自分も断酒は苦しいかもしれませんが、酒を飲んでるわけでもない周りの人間が自分のせいで辛い思いをしているかもしれないのです。

 

自分は患者ではありますが、専門家ではありません。

ネットでいろいろ調べたり、本を読んだりしてブログを書いてますが、自分の頭の上のハエを追うのが精一杯です。

 

 

気になる方は、久里浜アルコール依存症スクリーニングテスト

こちらから↓  ↓

 

久里浜式アルコール依存症スクリーニングテスト

 

また今日みつけたのですが、急に病院に行くのに抵抗ある方や、不安でとりあえず相談したい方など、こちらもご参考まで。

相談だけなら家族でも出来るようです。

保健所や精神保健福祉センター-アルコール依存症の相談窓口

 

 

今日も断酒で。

更新もつづく。